ごあいさつ

このたびは社団法人日本タイピング協会(JTA)のWebサイトをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

 

現代の日本人にとってパソコンは生活する上で欠かせない道具となっており、今や一人1台といわれるほど家庭や職場に普及が進みました。
しかしながら、キーボードのタイピングについては未だ自己流の方が多く、効率のよいキーボード操作である、「タッチタイピング」を取得されておられる方は少数であります。 

 

そこで、当協会は児童から高齢者まで「タッチタイピング」を負担が少なく効率よく練習でき、また、初めて教える先生でも指導できる教育手法を構築し、その普及に取り組んでいます。当協会は、情報が基盤となる社会における国民のリテラシー向上に貢献することを目的に設立しました。 教材や教育手法の改良改善に努めると共に、練習の達成度を評価する検定システムもあわせて実施いたします。

 
今後の展開として、JTAでは多くのパソコン教室や学習塾、またカルチャー教室などにもご賛同いただき、タッチタイピングの指導を実施する指導者の育成にも力を入れていく所存です。

 

何卒、今後とも当協会の運営にご支援を賜りますようお願い申し上げご挨拶といたします。

 

 一般社団法人 日本タイピング協会

 代表理事  渡邊 智夫